引越し料金が、引越会社によってかなり差があるって、知っていましたか?

家族,依頼,格安,引越,引っ越し,引越し

意外に高額なのに、避けることができないこと。
それが引越です。
バンやトラックをレンタカーなどで借りて、自分だけで済ますこともできるでしょう。
ですが、それにしても出費は避けられません。
しかも、冷蔵庫やベッドなど、重いものはひとりで運べないから、友人などを応援に呼ぶことになるでしょう。
手伝ってくれた友人には、何かお礼もしなければならないでしょう。
一般的にはやっぱり、引越しは引越業者に依頼することが多いですね。
そうなると、気になってくるのが引越し価格です。
引っ越し会社さんは、どこが1番安いのか?
その気になる値段を、一括で比較できるサービスがあります。
引越料金の見積り比較サービスなら、一回の申し込みで複数の引っ越し会社の見積料金が分かります。
最もお得な引っ越し会社さんがかんたんに分かるから、引越し価格を節約できる、便利なサービスです。

無料の一括見積りなら、引っ越し金額が1番安いところを探せる

引越し侍

引越し侍

全国230社以上にも及ぶ引越し業者が参加している、比較見積もりサービス。
最大10業者へ一括見積を依頼可能です。
最高額と最低額の差額が50%も違うことも!
さらに、希望日を指定して引越代金を比べることも出来ます。
「引越手続きガイドブック」やキャッシュバックのプレゼント等、お得で嬉しい特典キャンペーンも時期によって実行しているので、チェックしてみてはいかが?
引越し侍・予定日で比較
引越し侍で安く引越

↑↑↑↑↑
引越の希望日が決まってるならこちら!
人気上位業者に予約!

引越し侍・じっくり比較
引越し侍でじっくり比較

↑↑↑↑↑
じっくり最大で10社に一括見積りならコチラ☆


ズバット引越比較

ズバット引越比較

全国220業者以上の引っ越し業者と提携している、無料一括比較サービスです。
利用者の数が400万人突破の、人気の比較見積りサービス。
利用者数400万人突破している、人気の見積サービスです。
比較することで引越料金を安くすることができます。
住んでる地域によって違いますが、コチラも最大10社へ見積りを依頼出来ます。
ズバット引越比較
ズバット引越比較で安い引越

↑↑↑↑↑
引越しの値段を一括見積もりで比較


引越達人セレクト

引越達人セレクト

メジャーな引越し会社の金額を一括で見積り比較できるサービス。
提携引越会社は60社以上です。
見積もり価格を比べることで、引越代金が最大55%も違うこともあります。
キャンペーン機関ではプレゼントもあるので見に行ってみては?
引越達人セレクト
引越達人セレクトの一括比較

↑↑↑↑↑
引越見積り料金を比較

安い会社に依頼して、家族の引越しを安く済まそう!

引越しをする場合、実に色々なことに費用が必要になります。
それが独り身であればまだしも、家族がいるとなるとその金額も相当なものです。

家族で引越しをした場合には、荷物の輸送代以外にも色々な経費が考えられます。
まず、それまで住んでいたところが賃貸であれば、壁の傷や床のキズなど、必要に応じて修理費がかかるケースもあるでしょう。
また近所のお世話になった方々へ挨拶をし、合わせてお渡しする簡単なお礼の品が必要になる方もいらっしゃいます。
越した先では新居に合わせた家具やカーテンを揃える場合もあるでしょう。
そして、引越し先でもこれからお世話になる方々へのご挨拶と、簡単なご挨拶の品の用意も必要でしょう。
このように引越しとは、実際に荷物を運ぶための輸送代のみに留まらず、様々な経費がかかってくるのです。

引越しをできるだけ安くすます方法、それは自分たちで荷物を運んでしまうのが一番です。
自分たちで運んでしまうことで、輸送に必要な人件費を節約できます。
引越し先が近い方や、子供たちもそれなりに大きく引越しの手助けをしてくれる場合に適した方法です。
しかし、自分たちで運んでしまう場合に気を付けなければならないのは、大型家具や大型家電でしょう。
大型の家具や家電は素人が運ぶのは大変であると同時に、運ぶ際に建物を傷つけたり、それそのものにキズを付けてしまう場合があります。
家電であれば故障につながるかもしれません。
家族で運べるものは自分たちで全て運び、自分たちで運ぶには自信のないものについては安いプロの業者を探して依頼し個別に運んでもらう、という方法がよいでしょう。

家族での引越を安く依頼!安い業者を見付ける

家族での引越は荷物が多い分、費用も掛かりがちですが、安く依頼する方法もあります。
特に大事なのが安い業者を見付けることであり、その為にも各社から見積もりを出してもらうのが基本です。
どの程度の費用が掛かるのかは業者によって違っていますし、それぞれの引越条件でも料金は違ってきますのでまずは見積もりを比較してみる必要があります。
なお一括見積もりで一気に各社の料金を調べる方法もありますので、一社一社に見積もり請求をするのが大変な時には活用してみると良いでしょう。

依頼する時期を考えてみるのもポイントですが、安く頼める傾向があるのは1月〜2月、6月、11月〜12月ごろです。
こうした時期は引越をする人が少ない為に料金も安く設定されていることが多いのです。
反対に3月〜4月、8月〜10月ごろですと料金が高めになっていますので注意が必要です。
繁忙期に依頼してしまうと通常よりも高い費用が掛かり、また忙しいタイミングですと都合も合わせ難くなります。
スケジュールの調整をするのも苦労し易い時期と言えますから引越時期に余裕があるようならタイミングを考えて頼むようにした方が良いと言えます。

依頼する側の方で梱包作業をしてしまうのも安く済ませる為のコツです。
自分で梱包をする場合は手間が掛かってしまいますが、しかしながら料金は安くすることができます。
また、運搬作業にもスムーズに入ることができますので、時間に余裕があるようなら荷造りにトライしてみるのも良いでしょう。